すまいをトーク:すまいをトークって?

「すまいをトーク」のはじまり

「すまいをトーク」は2006年4月にスタートしました。
京都こだわりの会が大阪で開講していました「町家をトーク」を母体に、大阪・兵庫の有志が運営委員会を立ち上げ、約1年間論議を重ねて「すまいをトーク」として開講することとなりました。
第1回を2006年4月に久宝寺・八尾「寺内町ウォッチング」と民家での交流会を行いましたところ多数の方にご参加いただき、以降は、大工さん、建築士さん、職人さんに住まいについてトークしていただきました。また、大工道具体験ではのこぎり、のみを使い継手加工(ホゾとホゾ穴づくり)に挑戦しました。伊丹の古民家と酒蔵も訪ねました。

すまいをトーク開催風景

これまでの「すまいをトーク」

2019年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2018年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2017年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2016年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2015年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2014年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2013年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2012年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2011年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2010年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2009年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2008年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。
2007年度のスケジュールとレポートをご覧いただけます。

「すまいをトーク 2021」

「すまいをトーク」は、大阪・兵庫・奈良・和歌山で活躍している建築士・職人さんなど有志が、「すまいに関心があっても、市民がじっくり学べる場が少ない」という声に応え、誰でも参加できるセミナーとして企画されました。
今年度で16年目を迎えます。
今年度も“心地よい暮らしを探る”をテーマに、座学では大阪市立住まい情報センター(大阪メトロ 地下鉄 「天神橋筋六丁目」駅すぐ)において、フランク・ロイド・ライトと世界遺産、美術のある暮らし、古民家改修その後、健康的な住まい造り、女性建築士が職人の親方になった話、東大寺大仏殿昭和大修理工事、瓦職人の話などの講座を行います。
また、宇治「松殿山荘」、橿原「今井町・八木町」、「大阪くらしの今昔館」、泉南の庄屋屋敷と近代化産業遺産、奈良「西ノ京・菅原の里」などを見学します。オプショナルツアーでは、吉野・万葉の里「宮滝」を訪れ、改修古民家を見学します。
これらの講座や見学・体験を通じて、皆様方と一緒にすまいや建物について考えていきたいと思っております。
今年度も多彩な内容をお楽しみくださるよう、例会へのご参加をお待ちしております。
なお、見学・体験の講座につきましては、事前にお申込みいただきますようお願い致します。
講座内容については、スケジュールのページをご覧ください。

【参加ご希望の方はお申し込みとお問い合わせのページをご覧ください】

▲このページのトップへ
すまいをトークへメール