すまいをトーク〜すまい再発見!〜

最新情報

次回講座のお知らせ
2023/1/21(土)
13:00-16:00
大阪くらしの今昔館 〜大阪の町並み 江戸時代から昭和時代へ〜 講義及び館内見学
→詳細はこちら

<終了しました>
12/8(木)18:30-20:30
老いる前の整理はじめます!
〜「物」より「ケア」につつまれて〜
→レポートをアップしました

2022年度の開講スケジュール発表!
スケジュールページを更新しました。2022年度も皆様のご参加を心よりお待ちしております!

すまいをトークって?
「すまいをトーク」はどなたでもご参加いただける住まいの勉強会です。受講生は随時募集中、単回参加も大歓迎です!
勉強会内容はスケジュールのページを、受講方法についてはお申し込みとお問い合わせのページをご覧ください。

マンスリーレポート

【第9回】 2022年12月8日(木)
老いる前の整理はじめます! 〜「物」より「ケア」につつまれて〜

昨今あちこちで『終活』なる言葉をよく聞きますが、わたしも例に漏れず老親に促しています。
また『断捨離』も言われ始めてから長いですが、自分自身を振り返ってもモノが溢れる暮らしからの脱却はとても難しいと実感するばかりです。

今回の講師である溝内啓介さんは「コンシューマーズ京都」というNPO法人の「就活研究会」で、その研究成果を出版されたりもしています。
その中で、ただ単に物を減らす技術だけを言うのではなく、どうやったら介護を踏まえて快適な生活が送れるかをお話ししていただきました。
無理して物を捨てなくても、玄関やトイレなどの動線や介護ベッドを置く部屋など必要な場所だけは片付けることが重要だと言われると、少し肩の荷が軽くなるような気がします。
それから、ゴミ屋敷と紙一重のモノ屋敷の話も面白かったです。
確かに、ゴミではないけれどたくさんの不要なものをため込んだモノ屋敷は、わたしの実家のことか?と思いました。
うちの親の場合は「老いる前に」は間に合いませんでしたが、同じような習性をもつわたしは早めに備えなければ、と思う次第です。
(報告:浜田 綾)

すまいをトーク すまいをトーク すまいをトーク すまいをトーク
すまいをトークへメール