すまいをトーク〜すまい再発見!〜

最新情報

次回講座のお知らせ
11/25(日)13:00-17:00
秋の行楽シーズン恒例のオプション企画
日本一の酒処“灘五郷(御影郷など)”を巡る!

終了しました
11/10(土)11:00-17:00
「平城宮址」から「秋篠の里」へ

10/13(土)9:30-17:00
近江八幡を巡る 〜ラコリーナ(藤森照信設計)とヴォーリズ建築〜
→レポートをアップいたしました!

新聞で紹介されました!
2018年4月20日の読売新聞で、すまいをトークの活動が紹介されました!
▲画像をクリックすると大きく表示されます

新聞で紹介されました!
2016年10月16日の読売新聞で、すまいをトークの活動が紹介されました!
▲画像をクリックすると大きく表示されます

すまいをトークって?
「すまいをトーク」はどなたでもご参加いただける住まいの勉強会です。受講生は随時募集中、単回参加も大歓迎です!
勉強会内容はスケジュールのページを、受講方法についてはお申し込みとお問い合わせのページをご覧ください。

マンスリーレポート

◆ 第7回 近江八幡を巡る 〜ラコリーナ(藤森照信設計)とヴォーリズ建築〜

 近江八幡は今回で2回目になりますが近江御八幡と言えば「ヴォーリズ」、今回はヴォーリズ記念館(自邸)の見学になりました。今回近江八幡が初めての方はもっとヴォーリズだったかもしれませんね。記念館では館長の説明をお聞きし、映像による「ヴォーリズ」経歴等の説明もお聞きしました。

 今回の目玉は「ラコリーナ(藤森照信設計)」の見学でした。着くと同時にバームクーヘンを求めに並んだ方もいたようです。今回40人近くの参加者で見学は15人一組で、二組30人のツアー見学で説明を聞きしました。残りの人たちは松村講師の案内で見学しました。(見学ツアーは事前申し込みが必要ですが予約が難しいそうです。 *費用要)

 「ラコリーナ」は、和菓子などを扱うショップを経営している会社が2015年にオープンした施設です。広大な敷地に草屋根の建物があり、写真ではもう一つ分からないと思いますがとにかく広い敷地に八幡山をバックに自然に溶け込んだ建物でした。オープンして3年これからの建物群又周辺環境の成長が期待される施設です。社員さんが建設中からの工事協力、またこれからの森づくりにも直接取り組んでいます。見学者だけでなく社員さんもどう変化していくのかが楽しみな施設だと思います。パンフレットに「ラコリーナ近江八幡は、自然を愛し、自然に学び、人々が集う繋がりの場」と記されていました。スイーツを目的に行かれるのもいいと思います。カステラショップの「焼きたて八幡カステラ」はちょっと甘いがおいしくいただきました。設計者は著名な建築家で、日本の建築史家で自邸は「タンポポ・ハウス」と呼ばれています。

 午後は近江八幡の市内見学(記念館も含む)はボランティアガイドさんにお世話になりました。
旧西川家住宅(近江八幡市立資料館)、旧伴家住宅(近江八幡市指定文化財)の見学また八幡堀の散策と好天気に恵まれ暑いくらいの一日でした。八幡堀はNHK朝ドラ「あさが来た」の撮影場所になったほか時代劇のシーンにはよく登場する場所だそうです。
近江八幡は湖東になり遠いようですが行ってみると案外と近いです、ぜひ一度訪ねてください。 (報告:小峠 敏幸)

すまいをトークへメール